2017年06月08日

LE SYNDICAT 廃盤だったMARS再発、特別テキストARGUMENT TOTAL付き50セット限定品も同時入荷です。前回入荷のCD+DVDも再入荷です。

6/5日付

LE SYNDICAT -   Mars / ARGUMENT TOTAL   SP-K7+BOOKET   GERMANY: AUSSAAT \2,900
leSyndicatSPK7PackMars2017a[1]
新入荷、1984年のフレンチ初期ノイズインダストリアルLE SYNDICATの17作目テープ音源で87年リリース品当時未だCDもLPも出て無い時代の作品でENTRE-VIFSが活動始めた頃。
新たに製作された特製ブックレットにブラック・シールドパック仕様は限定50セットのみ、数はもう少ないとか。

LE SYNDICAT -   Mars   K7  GERMANY: AUSSAAT \1,600 
LeSyndicatK7Mars2017Aussaat[1]
新入荷、上記同様初期フレンチノイズの一つ、ル・サンディカの激レアテープ音源が復刻の復刻だ、昨年出た物は余り市場を調査せずに僅か出した物を今回少し流通させたもの。

LE SYNDICAT -  FACTION VIVANTE - Morceaux De Choix / Films De Choix  CD+DVDr GERMANY: AUSSAAT \4,800
LeSyndicatFactionVivanteMet[1]
再入荷、1982年のフランス初期ノイズ・ストイック・インダストリアル・シリアス・バンドとして登場、数々のコンピにて知られた後単品再発テープで初期の凄さが発掘され有名な地位を築いた。
本作は2014,15年のライブ演奏プラス初の映像をも収録し豪華デラックスなワッペン等のオマケ付きでメタル缶仕様の限定僅かの50セットのみ。
posted by NEdS at 23:32| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

今月は意外と早く届きましたね、いつも入荷時感はバラバラです、イタリアはウラシマレーベルよりBIZARRE-U,TAINT,VIDNA-OBMANAの3種単体初のアナログ化歴史的名作作品ばかりですよね。殆んどは特注品。

5/21日付け


VIDNA OBMANA  -   No Sacrifice  LP  ITALIA: URASHIMA \2,900
VidnaObmanaLPNoSacrifice201[1]
新入荷、1985年のベルギー・デス・インダストリアル・エレクトロ・ノイズ・地下バンドでニューウェーブ地下から生まれてるルーツを持つので先駆け系でマストだ、
この音源はデビューした当時のデス・パワエレ85年当時を偲ぶ事が重要である。90年頃からは路線転化して行きLPでの完成度は高かった記憶有。
パワエレに近いストレンジなる挑発ボイスで驚きの初期のみで行われていたWHITEHOUSE周辺やBROKEN FLAG系に有る発信音ノイズ&ヴォイスは大穴です。
posted by NEdS at 01:38| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

シンプルに良質サウンドを毎回出し続けるポーランドのimpulsy-stetoskopuより2枚組の最新譜が登場です。旧譜特注も多かったので今回フォロー同時入荷です。

2/15日付け


ENTRE VIFS - Vertebres, Unreleased & Rare Tracks  1986-1988  SP-CD-Pack POLAND: IMPULSY STETO, \2,300
EntreVifsSPCDPackVertebres,[1]
再入荷、異常な人気のVIVENZAと同期のLE-SYNDICATの人気は、いかばかりかと。非常に残念な今のリスナー達に良い物重要なもう一つを教えしようかな、
所謂フレンチ・第二次初期ノイズの一つENTRE-VIFSはLE SYNDICATのノイズ核の部分に属したメンバーから独立しよりヘビー・ハードな現代に導く未来派の革命を
既に起こして居た事実を此処で再認識させられる事に成るのだ。これ位知って物体験して無いと、まるっきりVIVENZAファンとしても失格なのであるのだ、判りますか。

posted by NEdS at 06:16| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

ポーランドのimpulsy stetoskopuよりVIVENZA同期のENTRE-VIFS激レア音源にナチスの機関車と言うLOKOMOTIVE-SSの1985年作品初CD化等旧譜も合わせ入荷です。

10月15日付け


Lokomotiv S.S. -  Lokomotiv S.S.   CD POLAND: Impulsy Stetoskopu  \2,200 
LokomotivS.S.spCDboxLokomot[1]
新入荷、80年代中期の激レアのインダストリアル・ノイズ・テープ音源初のCD化作品。ナチス時代使用された蒸気機関車ジャケでもう既にこの作品の良さは決定してる。
当時の米国DOG AS MASTERのレーベルCAUSE & EFFECTとBLACKHOUSEのLADD-FRITHレーベルから出て居たと言う記録しか無い訳だから凄い事だ。
因みにインダストリアルとは産業革命の落とし子、蒸気機関革命からに他ならないのに気が付いてる人はどれ位居るのだろうか。

Entre Vifs -  Vertebres, Unreleased & Rare Tracks 1986-1988  CD POLAND: Impulsy Stetoskopu  \2,200
EntreVifsSPCDPackVertebres,[1]
新入荷、さて異常な人気のVIVENZAと同期のLE-SYNDICATの人気は、いかばかりかと。非常に残念な今のリスナー達に良い物重要なもう一つを教えしようかな、
所謂フレンチ・第二次初期ノイズの一つENTRE-VIFSはLE SYNDICATのノイズ核の部分に属したメンバーから独立しよりヘビー・ハードな現代に導く未来派の革命を
既に起こして居た事実を此処で再認識させられる事に成るのだ。これ位知って物体験して無いと、まるっきりVIVENZAファンとしても失格なのであるのだ、判りますか。

Entre Vifs -  No Signal    CD  POLAND: Impulsy Stetoskopu  \2,200 
EntreVifsCDNoSignalPOLANDim[1]
再入荷、今年の冬場2月に登場して話題を呼んだVIVENZA同期のフレンチ80sノイズ・アヴァントのLE-SYNDICATのノイズ部分を担当してたENTRE-VIFSの80年代音源から
近年までのセレクト作品が先ずは先に登場している。これから聞かれるのも良いだろうし、過去出て居たHEAVY-DUTYテープ及び其れのCD化作品は少しレアだが聴けば
完璧にその価値の偉大さを体験出来るし、これ以前のLE-SYNDICATの音源が重要な事が今更ながら理解出来る筈であるから成るべく早く聴き込むべし。


SAT Stoicizmo - Jacati Tijelo Sportom 1986  POLAND: Impulsy Stetoskopu  \2,000 
再入荷、80s旧ユーゴスラビアに生まれ90年代初期内戦で戦死し消えた幻の不遇インダストリアル・ハード・ユニットの素晴らしさは生涯忘れる事は出来ない。これがデビュー作のCDr化。

posted by NEdS at 02:47| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

ノイズ系からニューウェーブ系間で色々なアヴァンギャルドがCD化されてますよね此処KLANGGALERIEはレアプレスじゃ無いけど本質の良さ内容サウンドは天下一品です。

7月13日付け


The New Blockaders/ Gosplan Trio -  Sound Sketch For Raging Flames  CD AUSTRIA: KLANGGALERIE \2,300
tnbgosplantriosoundsketch[1]
再入荷、2005年の話題作当時それ所で無い一部の動きも有った訳だが、TNBが名も知らぬしかもロシアのフリー系バンドと組んでのCD作品とは驚きだったものだ。
その後こちらのバンドは活動が鈍く落ちて行った訳だが。。。まあ異色のコラボの幕開けだった感は有り。フリージャズに今頃此処から目覚めたりして。。。違う物だよ。

THE NEW BLOCKADERS -  Nonchalant Acts Of Artistic Nihilism (Live in Germany) CD AUSTRIA: KLANGGALERIE \2,300
TNBcdNonchalantActsOfArtist[1]
再入荷、ノイズ界随一の人気者TNBが12,14年の2度のドイツライブ音源をCD化、PUTREFIER,NIHILIST-ASSAULT-GRUPらのメンバーもサポートに入った当時のTNBサウンドを
凝縮した今年の初めに出た単体の象徴的作品の一つ。

posted by NEdS at 16:01| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

先月新入荷のm.b.2LP,M.O.2種LYOTO MUSIC初LP化の4種特注予約再度出来ましたので今入荷です。

6月16日付


MAUTHAUSEN ORCHESTRA -  From Homicide To Slaughter  LP 1982/83.  ITALIA: URASHIMA \ 3,000 
MauthausenOrchestraLPFromHo[1]
再入荷、80年代初期ノイズ・イタリアンとして優れたハード・ロー・ノイズ音源をテープ乍ら出し続けた流通の悪さも手伝いそれは幻だったM.O.のゾッポ氏は12年の
6月ちょうど3年前の今亡く成った訳でその重要な極悪ハードノイズサウンド時代の中でも記録の無い1982/83音源なのだそうだ、これはお初物で必須モノである。

MAUTHAUSEN ORCHESTRA -  Necrofellatio  LP  ITALIA: URASHIMA \ 3,000  
MauthausenOrchestraLPNecrof[1]
再入荷、1983年のそだりてーテープがオリジ音源だ、92年にATRAX-MORGUEが出した2枚組CDrでは曲が増え時間も多く変化していたが、本作はオリジに習い、
忠実にそれを初アナログ化している点も細かい事だが異なっている。今回からか今回は初めて白ジャケ印刷でシールドパック仕上げであるので傷みも少ないかも。

LYOTO MUSIC- LYOTO MUSIC  LP  ITALIA: URASHIMA \ 3,000 
LyotoMusicLPSame2015urashim[1]
再入荷、伝説の80年代初期後期1984年テープ音源はいつの時代にもブートレグで良く出回りその時代時代のノイズファンを魅了し継続して来ました。
MAUTHAUSEN-ORCHESTRAと,OBSERVATION-CLIC,とNEW-SADISM、又はSWASTIKA-KOMMANDOとして関わりあのソダリティー・レーベルから出てましたね。

MAURIZIO BIANCHI - CMRS/OPEA  2xLP  ITALIA: URASHIMA \  4,300 

MaurizioBianchi2LPCmrsAndOp[1]
再入荷、過去35年間一度も出た事の無いタイトルで80年代現役時代の初期音源でしかも2枚組で登場の謎のアイテムに魅力満載でしょうか。

posted by NEdS at 03:35| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

昨年末に引き続きイタリアはURASHIMSより極レア80s音源が初LP化99枚プレスのみされました。今年初便です。VIDNA-OBMANA BELGIUM 1985


1月4日付け

Uma 086 VIDNA OBMANA -  THE ULTIMATED SIGN OF BURNING DEATH 1985 clear plastic sleeve   LP ITALIA: URASHIMA \3,390
VidnaObmanaLPTheUltimatedSi[1]
新入荷、1985〜97年まで活動したベルギーのレーベルより出ていたテープ音源の初アナログ化作品で99枚プレス。彼等がアルバムをリリースした
歴史的事実は1990年に成らないと世に知られ無い訳で85年に出したこの音源でのデス・インダストリアル・ノイズ時代作品は寧ろ偏見の無いリスナーにこそ
新鮮に受け入れられる事だろう、そう盤が出た事実だけ追い掛け勝手に判断してるのは単にプレミア・コレクター達のみだからね、純粋じゃ無い。
posted by NEdS at 02:57| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

フレンチ80sノイズ・インダストリアルのVIVENZAデビューシングル音源含む初LP化作品が2種と同年発売のフレンチ初のパワエレを築いた極悪ハード時代のMINAMATAのデビューテープ音源が初のLP化されましたので合計3種が新登場です。

12月27日付け


MINAMATA  -   Mit Lautem Geschrei  BlackVin  LP  FRANCE: ROTORELIEF \3,500
MINAMATAlpMitLautemGeschrei[1]MINAMATAk7MitLautemGeschrei[1]
新入荷、1984年初のフレンチ・ハード・極悪パワエレとして痛烈な思想を露わにフランス人で水俣病問題と定義とするノイズバンドの登場に当時は興味津々な
80年代中期のインダストリアル・ノイズ王道は85,86,87年と作品を出し続けミナマタ名義での一旦活動を休止、その伝説と化した90年代にはCD作品も
僅かに出るものの数年に一枚のペースで時々登場するので長きスパンで見続けて無いとこのバンドの良さ凄さは理解不能と化すから要注意。
尚、このミナマタは第一期半ばにしてメンバーを加え"LA NOMENKLATUR"として同国BRUMEとのLPやオランダ国のDMDNとの作品等広い交流を果たし
フランス・ハードノイズ・アヴァンギャルド・インダストリアル・シーンの歴史に君臨しているのを若いリスナーな教訓すべき名作の一つがこれである。

MINAMATA  -   Mit Lautem Geschrei  Red  LP  FRANCE: ROTORELIEF \3,700
MINAMATAlpREDvinylMitLautem[1]MINAMATAk7MitLautemGeschrei[1]
新入荷、因みに右の画が1984年のデビューテープのジャケである大幅に変化した事で負のノイズのイメージ?から脱却を図ったと思われるニュー・ジャケ
仕様でレッド赤盤である、黒盤との違いは表記部分に異なりが有りでこちらの方が高価なのはプレス数も少ない為、上記黒盤の方をレギュラーとしてる様子。
もう少しミナマタを始めにノイズ系の新規ファン、若手、ベテランファンが戻り増えれば、過去のレア音源の発表も有り得るそうだから皆購入協力しよう。

VIVENZA  -   Fondements Bruitistes-1  Red  LP FRANCE: ROTORELIEF \3,700
VivenzaLPfoundements1REDvin[1]
新入荷、1995年に出たCDとは中身順序共に異なります、プロトタイプで曲も2枚組としてる為多し。VOL-1と2はジャケは似てるが部分的に異なるので要注意です。
そして各盤には極限定高価目の赤盤が存在し、少しだけ数の多い黒盤が有るのでVOL1と2で計4種のパターンが今の所存在すると言う訳です。此処からこの音源の
紹介ですので、早とちりして見逃すべからず。基本1984年のシングル音源や85年12”片面音源やカセット音源や97年の3RDシングルから選抜され新たに
プロデュース編集構成されて一段と二弾に分かれてのレーベル初の単独作品として登場した物である。

VIVENZA  -   Fondements Bruitistes-1  BlackVin  LP FRANCE: ROTORELIEF \3,500
VivenzaLPfondementtsBruitis[1]
新入荷、同上のこちらレギュラーの黒盤である。ナンバーは有るものの黒盤との表記はこちらには無い。

VIVENZA  -   Fondements Bruitistes-2  Red  LP FRANCE: ROTORELIEF \3,700 
VivenzaLPFoundements2REDvin[1]
新入荷、1995年に出たCDとは中身順序共に異なります、プロトタイプで曲も2枚組としてる為多し。VOL-1と2はジャケは似てるが部分的に異なるので要注意です。
そして各盤には極限定高価目の赤盤が存在し、少しだけ数の多い黒盤が有るのでVOL1と2で計4種のパターンが今の所存在すると言う訳です。此処からこの音源の
紹介ですので、早とちりして見逃すべからず。基本1984年のシングル音源や85年12”片面音源やカセット音源や97年の3RDシングルから選抜され新たに
プロデュース編集構成されて一段と二弾に分かれてのレーベル初の単独作品として登場した物である。こちらの第二弾ナンバー横に赤盤の表記有り。

VIVENZA  -   Fondements Bruitistes-2  BlackVin  LP FRANCE: ROTORELIEF \3,500
VivenzaLPFoundements2BlackV[1]
新入荷、同上のこちらレギュラーの黒盤である。ナンバーは有るものの黒盤との表記はこちらには無い。こちらの方がこれでも格安、元々高価格って言うか、
時の政党のスローガンの基円安傾向の世の中だから輸入品は高価なのをそろそろ認識しては如何だろう、日本製や定価格概念は輸入盤レコードには全く当て嵌まらず。
posted by NEdS at 17:15| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

新品と美品ノイズ系中古委託品が突然の入荷です。

TNBputrefierLPSchleifmittel.jpg
2/2日付け

The  NEW  BLOCKADERS  /  PUTREFIER  -  Schleifmittelbogen   LP
2007. Ltd-Ed.  UK:BIRTHBITER ¥3,490



新入荷、元BROKEN-FLANGの両者80sUKノイズ・ミュージック先駆けの両名に因るスプリット07年にリリース済みだが、とある事が原因で仕入を喪失させるに至り、
こんにちまで入荷はワザとしない方針で有った。さすがに7年も経過すると向こうも反省しただろうから有る物で扱う事にした。でも廃盤です。
posted by NEdS at 04:28| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

いつも御馴染み米国はフェージ・テープス・PHAGE-TAPESより初のLPも含めシングルも出ましたし無論テープも全て新譜入荷です。

dueProcessLPCombineXXIIIXXX.jpg

9月13日付


DUE PROCESS - Combine XXIII-XXXV  LP  USA: PHAGE TAPES  \2,290



新入荷、1986年アメリカン・ノイズ・インダストリアル・コンクレート系としてRRRレーベルのオーナーRONとJOHN-WIGGINSとTHOMAS DIMUZIO等が組んで
結成していたユニットでRRRからのLPから始まった初期の歴史を物語るバンドとして暫く音沙汰が無かった感じだが本当久し振りにこの名前を聞いた。
4半世紀を越えて演ずる超ベテラン・コンクレートの醍醐味を90年代のアウトトラックだが良く出来た物だけにアナログ化したのも肯けますよ。
posted by NEdS at 02:10| 80年代中期ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする