2020年08月05日

ハーシュノイズ初期90s時代米国御三家のTAINT名義で単品1995年TAPE作品と同御三家のBLJとのスプリット1994年音源が初のCD化である点に注目でしょう。でも実は今回の目玉はTHE RITAのDIY特殊テープとCRONACA NERAの新TAPEがファンならメインな筈でこの2点の入荷が一番望まれてました。CDは海外ノイズ系作品流通をスーパーマーケット感覚で邪魔する何でも仕入れるとのプライドの高い某大型チェーンでも仕入れるだろうから価値が下がる筈。さてOECの各種新旧在庫の特注も多く出てたのでマニ

7月30日付け

 THE RITA  / KOMPRIPIOTR -   Mestre tape    K7    lim.50. +Junk-DIY-Objects. +Badge.   OLD EUROPA CAFE ¥3,800

新入荷、特製麻袋に収納され中に家内製作なる数々のオブジェにバッジが収納されてのTAPEとは思えぬ程の豪華な造りで遅れに遅れて、遂に仕上がった3ヶ月越しでのOECリリース品なのである。待ち疲れたぁー。ものだ。

CRONACA NERA - The Plague of the Hurried Chinese drinking my Fluorescent Sperm from the Mantle of Jade   K7  lim.69   OLD EUROPA CAFE ¥2,100

新入荷、CRONACA-NERAはADREANO-VINCENT氏で3年前ストッキングで御馴染みだったSIGNORA-WARDレーベル&M..M.D.M.主宰者、これも遅れに遅れた品、情報から2カ月目にやっとこれ待ちでのCD類も同梱だった。

MERZBOW / QDOR -  Biorhythm     K7    lim.300.       OLD EUROPA CAFE ¥2,100

新入荷、この赤い布覆面集団は何?日本にも近い集団が京都に有るけども、北イタリアのカルト教団QDORであるのをメルツバウが発見。共作としては初作品と成る記念すべきアイテムだが惜しくもテープのみのリリース。対応してない貴方、残念。

TAINT - Savage Weapons        CD    lim.300        OLD EUROPA CAFE ¥2,100

新入荷、1995年作品、未だ初期段階でMSBRやSMELL&QUIM等と交流を開始した時代1995年のドイツはPRAXIS-DR-BEARMANNに遅れて登場したOLD EUROPA CADE (OEC)が当時出したのテープ音源が26年振りにCD盤化で世に登場です。故キースと最初から長年購入されて来た方々、これが有ればもうデジタル化は必要ありません。

BLACK LEATHER JESUS / TAINT -    Sex Acts on a Child in a full Body Cast         CD    lim.300        OLD EUROPA CAFE ¥2,100 

新入荷、1990年から登場も数々のテープ作品を連発し完璧にフォロー出来てる人は先ず無い程のゲリラ的テープ・リリース時代の作品。この年初めてMERZBOWとのスプリット7"EPシングル盤が登場した時代のテープ作品ですな、上記同様初のCD盤化です。祝。

BLACK LEATHER JESUS - Torturous Chapter CD  OLD EUROPA CAFE ¥2,100

再入荷。ハーシュノイズが本物だった時代作品、今から30年も前の作品にこの世界の固定化と普遍性を良い意味で感じられましょう、先ずは元祖の一つBLACK LEATHER JESUSから聞きましょうね、半分アナログ感が有り、半分デジタルな世界ですので聴き易さが有るのです。

RICHARD RAMIREZ - Bleeding Headwound  CD OLD EUROPA CAFE ¥2,100

再入荷。 ハーシュノイズが本物だった時代作品、今から30年も前の作品にこの世界の固定化と普遍性を良い意味で感じられましょう、先ずは元祖の一つBLJの主R.ラミレスから聞きましょうね、半分アナログ感が有り、半分デジタルな世界ですので聴き易さが有るのです。

FOLKSTORM - Nihil Total CD OLD EUROPA CAFE ¥2,100 *売切れ

STABAT MORS / RICHARD RAMIREZ - Hideous Bliss LP Lim.280. 2011. oop. GERMANY: SCROTUM RECORDS ¥3,300 

再入荷、STABAT MORSドイツ・ノイズ・べインター。1996〜2006年のレコード・アート活動歴。最初にLPを唐突に売込まれたと記憶する1996年からの付き合いだったが2003年以降は電子雑音の若い世代が中途参入で邪魔し搔き混ぜて真面目にコレクションして来たノイズ系リスナーを生んでは潰して喧嘩して去って行く事で彼のエナジーアナログノイズ魂も単なる高価なプレミアム要素を持つ物へと伝説化してしまう、80年代から90年代初期で終わってる人やここ15年間にこのノイズ・シーンに参入された方には記憶は無い世界が此処に有ったのです。彼の死後、多くの作品は高騰化し今でも知る一部の人達にとってはカリスマ性を放ってます。特に本作はハーシュノイズの御三家BLJのリーダー極悪リチャード・ラミレスとのスプリット作品で2006年録音、盤化したのが11年と5年経過していた。既に軽く廃盤デッド品。

posted by NEdS at 06:05| ハーシュノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする