2019年11月26日

矢張り初期のNWWは初期ノイズとしての重みが違います。コラージュで使用した先人達の音源を初紹介。所謂ナース・リストに記された達人のルーツ・アルバム音源を紹介した2枚組作品はこれが第一弾でフランスの6070年代アヴァント音源集は通常のコンピとはか選曲から大いに異なるコンセプトがNWWの偉大さ初期の凄さを改めて感じられます。

11月26日付け
 
 
V/A. Strain, Crack & Break: Music From The Nurse With Wound List Vol-1 (France) with/ZNR,LARD-FREE,P-HENRY,ETRON FOU, 2xLP UK: FINDERS KEEPERS RECORDS ¥3,500
Va2lpStrainCrack&BreakMusic[1]
新入荷、1979年UKはDIY時代のUDレーベル第一弾NWWの1stLPに収納されたNWWが選んだ70sフェバリット・ARTIST達の元ネタ音源を遂に暴露と言う快挙に温故知新作業を優しく提供して来た第一弾で、ルーツを知る意味でもNWW初期ファンにも必須である、既にこのナースリストに関しての初期ノイズシーンに於ける当時の話題は一昨年のドミューン生放送でNWW特集と題打ち故阿木譲氏もTwitterで参加して頂いた事を思い出すに相応しい1回目の検証でしょう。重要でしょう
posted by NEdS at 06:49| 70年代アヴァンギャルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする