2019年09月17日

1981?83のエレクトロ・アコースト・ニューウェーブ・インダストリアル・アヴァンギャルド・ノイズ・ダブ・ギミックの優れた質の高いジャーマン・ニューウェーブ名盤&音源の数々が40年弱振り初のCD化です。

9月14日付
 
 
ANDY GIORBINO - Lied An Die Freude  CD 1stEPTracks. +Zickzack Compi-Track.  DOMESTIC: SUEZAN STUDIO ¥2,900  -¥90引き価格、最初だけ。
AndyGiorbinoCDLPLiedAnDieFr[1]
新入荷、70年代アヴァンギャルド・ニューウェーブ・ファン必須。1981年ZICKZACKレーベル初期の名盤アンディー・ジオルビーノのデビュー盤及び驚異の元祖系は君の頭脳刺激し狂わせるASMR音源が至る所に込められたショックを食らう音群だ。皆必須アイテム。
 
 
ANDY GIORBINO - Anmut Und Wurde CD  2nd 1983. w/TOM DOKOUPIL. 2ndEPTracks.more. DOMESTIC: SUEZAN STUDIO ¥2,900  -¥90引き価格、最初だけ。
AndyGiorbinoCDLPAnmutUndWur[1]
新入荷、1981年に上記LP後のEP,2ndEP,寧ろ2ndアルバムと言えるTAPE音源を経て無謀なMAXIも作った後の1983年にこの2ndLPと呼ばれる物を出した彼の周りにはZICKZACKのTOM先生も付き添い実験的なダブ処理・アプローチを見せた聴かせるエレクトロ・ニューウェーブのドイツならではのクラシカル音階や60,70年代ロックから米国西海岸70年代後期の影響を基礎としたモノでテクノ・インダストリアル・アヴァント80年代初期の難解作でパンクとも離れた実験エレクトロ・ニューウェーブと見た方が良い渋い力作と言える為、この手のディープな感覚の優れた者にしか理解出来ない或る意味ノイズ・アヴァンギャルドな位置に属す名作である。激レアな2ndEP初回に付属して高価なFLEXI-DISC音源も収録されて初のCD盤を買わないとデジタルでも聴けない曲ばかりが此処に有る。必須アイテム。