2019年06月22日

ノイズ系の王道80年代英国のINDUSTRIAL NOISEシーンには深い物が有る事を改めて認識させられただろうか?1983-85年に日本に多く入荷出来てたなら更にこれ等の人気はRAMLEHに次ぐ物と成ったかも知れない音源が初めて発掘されたSATORIサトリで好評の再入荷である。昨年此処のロシア・レーベルからもう一つSATORIは出てましたのでこれも初入荷として後はレーベルのお薦めする数点も同時に入荷です。

6月19日付け
 
 
Aura Shining Green - The Green Man And The White Witch 2xCD RUSSIA: COD NOIZES ¥2,200
AuraShiningGreen2CDTheGreen[1]
新入荷、中世ヨーロッパ・トラディショナル・フォーク&シンセと言う70年代初期ブレイクしたプログ伝説を今も受け継ぐ人達が居るのはヨーロッパの懐の深さ広さを実感するのである。
 
 
Lost Salt Blood Purges -  Only the Youngest Grave   2xCD   RUSSIA: COD NOIZES ¥2,500
LostSaltBloodPurges2CDOnlyT[1]
新入荷、ノイズと言う一つの楽器と捉えてのゴシック・とストリングスを加えた効果が新しいネオ・フォークの可能性を見出しつつあると言える彼の世界観はフォロー出来る余裕が有る人は追い掛けて見たら悪く無い寧ろ良い作品で有る。
 
 
UNION KARBIDE - Bubonic Playground Noise Eros DeathMetal CD RUSSIA: COD NOIZES ¥2,200
新入荷、ブラックメタル・ノイズ・ジャンク・パワエレ・インダストリアルと今や何でも有の時代なので、良き音・知性と、どういう音色を具体的に構成して見せるかで自ずと勝負は決まって来てインパクトの勝利と言う事も重要視され評価が上がる。
posted by NEdS at 05:45| トライバルネオフォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする