2017年05月31日

80s初期インダストリアル・ミュータンツ・テクノ・アヴァント・ニューウェーブの優れた地下作品は当時スペインにも数多く存在していた証明が35年経過した今、発掘されて真相は暴かれるのである、良い物は欲しい欲求は趣味世界では特に重要な事だし惚れる事も大事。入門にしては重いコンピ2種が同時入荷です。

5/29日付

V/A  Effenaar   7"  * 7-Tracks.  HOLLAND: DISCOS TRANSGENERO \1,300 
VAEffenaar7EP2017DiscosTran[1]
新入荷、オランダとスペインと交流から新たに誕生したヨーロピアン・パンク・ニューウェーブ系の有難い発掘レーベルより第一弾は何とお得な7曲入りの大作シングル盤。
1982年頃のEFFENAARライブ・ハウスでの録音収録は4バンド全てD.I.Y.は当然で、原始的トライバルと電子ノイズ・ミュータンツ・ニューウェーブ・パンク・バンドに集約され
地下録音らしいローファイさがUK地下DIY系に触発されたオランダ勢の70sエナジーが音に込められてますから発掘に相応しいと言えますね。

V/A.  Domestic Sampler UMYU     LP  w/Color Booklet.   HOLLAND: DISCOS TRANSGENERO \3,000
VADomesticSamplerUMYU2017LP[1]
新入荷、1982年にLPが出て居た スパニッシュ・エレクトロ・パンク・ニューウェーブ・コンピの初再発で35年振りの登場ですね、其れだけにこの完成度は素晴らしいモノ。
インダストリアル・ミュータンツ・テクノ・パンクはアヴァンギャルドとニューウェーブの混血でポップでも無いしノイズでも無い次元が重要なのですね。歴史的にもこの手の音は。