2011年01月20日

ナースNURSE WITH WOUNDの7インチシングル新規レーベル作品数々・アヴァント系各種入荷です。

nwwrushkoffcoercionis7eppos.jpgantoinechessexfoolslptouret.jpgtroummareidiophonikacdtoure.jpgblacksunproductionsandvalde.jpgoparadislacortedelreypescad.jpggnomeandspybeyatwilliesplac.jpgmuslimgauzevsspeciesoffishe.jpg
NURSE WITH WOUND          RUSHKOFF COERCION IS
SP-7"+POSTER SLEEVE              USA TOURETTE \1,790
新入荷、10年前のサイケ・プログレな好盤のAN AWKWARD PAUSEにも似た更に派手な演奏をコラージュ継ぎ足したドイツ・クラウト風サウンド。 カラフルなポップアート画は何と特大サイズな36cmX36cmサイズに広がるポスタージャケで8分割に折り込まれてのパープルカラー盤が収納されてます。一応限定500枚。
ANTOINE CHESSEX                     FOOLS ltd:200
LP                                        USA TOURETTE \2,490
新入荷、自ら非常階段を愛し、T-SHIRTも着る、BORBETOMAGUSの一人版としてもパフォーマーで人気の爆音の出雲発散する達人でDAVE-PHILLIPSは勿論腐れ縁、ニューウェーブなボルベトマグースのフリージャズ・フォームを更に聞かせるアコーストサックス音と電子ノイズを駆使した彼の凄技は聴くに値しようぞ。S.I.と来日もある
TROUM                                    MARE IDIOPHONIKA
CD                      USA TOURETTE \2,000
新入荷、前進をMAEROR-TRIとするドイツ80年代後期ヘビードローン・ノイズ構築系の伝承者、1997年より何ともインダストリアルなノイズ系音響の継承が彼らに流れ受け継がれて居るのが判る単品の最新作。
BLACK SUN PRODUCTIONS + VAL DENHAM                                SOMEWHERE BETWEEN DESIRE & DESPAIR
CD                                          USA TOURETTE \2,890
新入荷、ジェネPに与えた影響は元祖性転換。1980年からUK,SOMEBIZARRE周辺に関係を持ちコーディネーターとしてアーティスト達をフォロー後、自主ノイズ機材作品でテープが有るがお蔵入りだ、此処5年はノスタルジー唄を歌う。一方のBSPはリディアランチ嬢、H.R.ギーガーも参加する作品で名を上げたスイスのアヴァン・デュオ。
O PARADIS+ ESCAMA SERRADA     LA CORTE DEL REY PESCADOR/LAREINAESTA
2xCD                                 
USA TOURETTE \3,100
新入荷、スペインのヘビー・アヴァンギャルド・賛美歌系アングラ歌手兼エレクトロ・ドローン奏者。SEノイズを使い所謂ポスト・ロック的な世界観がTESCOやSTEINKLANG,イタリアのPUNCH RECORDS等で評価されてるある種のトラ
イバル。2枚組みの特殊トレペ・バンドフォール付き。
GNOME & SPYBEY            AT WILLIES PLACE +BEYOND WILLIES
PLACE
CD                      USA TOURETTE \2,000
新入荷、イギリスの地下音楽アヴァンギャルドでダーク・アンビエントSEコラージュノイズなど交えたトライバルなポスト・ロック・アンビエント。SPYBEYはマーク・SPYBEYと言い元ZOVIET FRANCEのメンバー、音は御墨付き。
MUSLIMGAUZE              vs SPECIES OF FISHES
CD                      USA TOURETTE \2,100
新入荷、1997年作品の2007年再発盤、ロシアン盤からアメリカ盤へ、相方の方はロシアで2003年以降活動歴はストップ中、1999年にMUSLIMGAUZEは他界するが生前の末期作品。
posted by NEdS at 05:48| 80年代アヴァンギャルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする